引っ越し費用、結局トータルでお金はいくらかかるの?

引っ越しに関わるお金のことを知ろう!

引っ越しには思った以上にお金がかかります。引っ越しを始めてみたらお金が足りなくて大変、なんてことにならないように事前に全体でどれくらい費用がかかるのか把握することが重要です。
荷物の量や家賃、時期によっても費用は変わりますが、一般的に引っ越しの際にかかる費用を分かりやすくリストアップしてみましょう。引っ越しの計画をたてるのにお役立てください。

 

◇引っ越し費用の相場は家賃6カ月分!?
引っ越しにかかる費用の相場は大体家賃の6カ月分程度だといわれています。例えば引っ越し先の家賃が5万円なら30万円、7万円なら42万円程度が目安になります。
かかる費用は大きく3つのジャンルに分けることができます。1つ目が住居費用、2つ目が引っ越し費用、3つ目が家電・生活用品費用です。それぞれのジャンルで大体どれくらい費用がかかるのか細かくリストアップしてみましょう。

 

◇住居費用
住居費用は引っ越し先で新しく住み始めるのにかかる費用です。後から退去後に帰ってくるものもありますが、住み始める時にはまとめてお金が出ていくので、いくらかかるのかしっかり確認しておきましょう。

・敷金 家賃0~2カ月分
敷金は大家さんへ渡す保証金です。家賃の滞納や退去時の修繕費用などを支払うために使用されます。ただし退去時に修繕が必要なかったり、差し引いて敷金が残る場合は返金されます。

・礼金 家賃0~2カ月分
礼金は大家さんに支払うお礼のことです。そのため、敷金とは異なり返金はされません。最近は敷金・礼金が不要の物件も増えてきています。

・仲介手数料 家賃0~1カ月分
仲介手数料は仲介業者を通して契約した際に仲介業者に支払われる手数料です。

・前家賃 家賃1カ月分
入居月の家賃は契約時に他費用と一緒に支払うことが多いです。日割りで締め日まで計算して入居月分を支払います。最近では最初の一定期間の家賃が免除される「フリーレント物件」もあり、その場合この前家賃分が不要になり費用を節約できます。

・鍵交換費用 約2~3万円
鍵を新しいものに変える交換費用です。任意なので強制ではありませんが、交換しないと前借主も同じ鍵を所有していることになるので基本的には交換しておくと安全です。

・火災保険 約2万円
契約時に強制加入のところが多く、万が一の火災や水回りのトラブルに対応してくれます。

・消毒料 約1~2万円
ダニやゴキブリといった害虫の駆除・予防目的で殺虫剤の散布をプロに依頼する場合にかかる費用です。任意なので消毒剤をスーパーやホームセンターで購入して自分で入居前に対策することも可能です。

 

◇引っ越し費用
引っ越しにかかる費用は荷物の量や引っ越し先、依頼の内容(梱包からお願いするか、荷物の運搬のみなど)、時期によって大きく変わりますが、大体の目安をご紹介します。

・引っ越し代金 約3~15万円
平均的には一人暮らしで都道府県内の引っ越しなら約3万円、繁忙期で7万円くらいを見ておきましょう。3人以上の家族だと7~15万円ほどが相場となっています。
引っ越し代金は業者によっても値段が大きく異なり、大きく引っ越し費用を節約できるポイントでもありますので、きちんと見極めたうえでお願いしましょう。

・ご近所へのご挨拶 約1万円
最初が肝心で、後から「挨拶がなかった」とお隣さん同士で不和が生じることも。マンションなら上下左右のご近所さんにはお土産を持ってご挨拶にいきましょう。お土産は1,000~2,000円ほどが相場です。

 

◇家電・生活用品費用
以前持っていたものを引き続き使用する場合には費用がかからない部分ですが、新しく揃える場合大きな出費になるので事前にどれくらい費用が必要になるのか確認しておきましょう。

・電化製品 5~40万円
洗濯機や冷蔵庫、掃除機、テレビ、電子レンジなどは最低限必要な家電です。リサイクルショップを活用したり、家電量販店の新生活応援パックのような必要な家電がそろったセットを購入すれば安く済ませることもできます。

・家具 10~20万円
ベッドや布団、食卓、カーテンなど生活に必要な家具。

・その他生活用品 1~2万円
調理グッズやバスグッズなど細々した生活用品も必須アイテムですね。

 

◇全部をまとめてみよう

3つのジャンルに分けて引っ越しの際にどんな出費があるのかご紹介しました。全体でどれくらいかかるのか家賃6万円の家に引っ越した場合を例にまとめてみましょう。

―住居費用―
敷金:6万円
礼金:6万円
仲介手数料:6万円
前家賃:2万円
鍵交換費用:2万円
火災保険料:2万円
消毒料:1万円

―引っ越し費用―
引っ越し代金:5万円
ご挨拶:1万円

―家電・生活用品費用―
購入費用:5万円

合計:36万円

このようにかかる費用をまとめていくと普通、引っ越しの際には普通家賃の6カ月分が必要なことが分かります。
引っ越しを始めてからお金が足りなくなるということがないように、記事の内容を参考によく計画をたてましょう。

ページ上部へ戻る