備えあれば憂いなし!悪天候でも快適に引っ越せる準備のポイント5選♪

悪天候での引っ越し、どう対策する?

引っ越し日に雨や雪が降ってしまう可能性はどんな地域でも0%ではありません。引っ越し日当日に突然天気が悪くなってしまうこともあります。
だからこそ、引っ越し準備の段階から当日に天気が悪くなってしまう可能性があることを想定しておくことが大切といえるでしょう。
今回は、引っ越し日に悪天候に見舞われるかもしれない場合にしておきたい準備のポイントを5つご紹介します。荷造りの段階で少しだけ水濡れ対策をするだけで、悪天候での引っ越しも快適にできるはずです!

ポイントその1:まずは引っ越し業者に悪天候になった場合の確認

call-15924_640

引っ越し業者を利用する予定であれば、まずは悪天候になった場合について諸事項の確認をとりましょう。

▼引っ越し業者への確認事項一例
・到着や運搬時間に影響が出るか
・雨や雪が降った場合、荷物が濡れないよう配慮してくれるか
・悪天候になった場合の料金変更はあるか

最低でも上記は確認をしておくのがベターです。業者を利用する場合、見積もりをとる時点で悪天候になった場合についても一緒に確認することをおすすめします。
特に悪天候の場合は交通に影響が出ることが多いです。到着時間や運搬時間に影響が出ると、その分どんどん作業が後ろ倒しになってしまいますので予め悪天候になった場合のスケジュールについても確認しておくのが良いでしょう。
また、業者によっては水濡れ対策は顧客自身がするというところもありますので、こちらも必ず確認をしておきましょう。

ポイントその2:ビニール袋を最大限に活用!

悪天候になることを想定して荷造りをすることも大切です。ここで役立つのがビニール袋!普段はついつい溜めがちで、引っ越しを機に一気に処分をしたいと思っている方も多いかもしれません。
しかし、あれもこれもと全て捨ててしまうのはちょっと待って!ビニール袋は、ダンボールの底に敷いてダンボール内への水の侵入を防いだり濡れたら困るものを包んだりと荷物の水濡れ対策をするのにとても使えるのです。

▼水濡れ対策が必要な荷物の一例
・本や紙類
・家電類
・金属や缶類

ダンボールもある程度の水濡れであれば中の荷物に影響が出ることはありませんが、心配な方はビニール袋をしっかりと活用して念には念を押しておくのがおすすめです。
レジ袋やビニール素材のバッグなどは、雨や雪対策として余分にとっておきましょう。

ポイントその3:タオルやぞうきんを多めに用意しておく

towels-1348220_640

引っ越し日に突然、雨や雪が降るなんてことも珍しいことではありません。いざ悪天候になってしまったときのために、タオルやぞうきんを多めに用意しておきましょう。

▼悪天候時のタオル類用途
・濡れた荷物を拭く
・作業員や自分自身が濡れてしまった際に使う

タオル類に関しては、引っ越し日にある程度用意しておくことをおすすめします。悪天候になった場合は濡れてしまった部分を拭けますし、悪天候にならなくてもそのまま旧居や新居の掃除に使えるので、用意しておいて損をすることはありません。
もし可能であれば、乾きやすい素材のタオル類を準備しておくと尚良しです。

ポイントその4:靴下の替えを用意しておく

悪天候での引っ越しで準備しておきたいのが、靴下の替えです。足元が悪い中、旧居からの引っ越しに加え、掃除もしてきたのであれば靴下もかなり汚れている可能性が高いです。
せっかくの新居に汚いままの靴下で上がるのは避けたいところ。だからこそ、靴下の替えは用意しておきましょう。
作業員に関しては、大手の引っ越し業者であれば作業員自体が靴下の替えを持っていることが多いです。作業員が靴下を持っていない場合は、新居に荷物を運ぶ前にタオルなどで綺麗に拭いてもらうのが良いでしょう。

ポイントその5:意外とやりがち!傘は自分で持っていくこと

pak77_konbininobinirugasa_tp_v-1

悪天候になってしまった際、意外と盲点なのが自分自身の水濡れ対策です。雨や雪が降っているのに、傘を運搬する荷物と一緒に運び出してしまった…という失敗談も少なくありません。
また、荷物の運搬を引っ越し業者に頼んでいても、精密機器や貴重品類は自分で運ぶことも多いです。だからこそ、悪天候対策は荷物だけではなく自分自身にも必要であることを忘れずに準備しましょう。傘は手荷物にすると邪魔になるという方は、小さめの折りたたみ傘がおすすめです。

しっかり準備をして悪天候でも快適な引っ越しに♪

引っ越し日に悪天候になる可能性は誰にでもあります。
予め引っ越し業者に確認すべきこと、自分自身で荷造りの際に準備しておくと便利なものなどを予め把握しておくことがとても大切です。
天気予報では晴れでも、引っ越し日に突然雨や雪が降ることもありますので、いつ悪天候になってもすぐに対策ができるよう準備をしておくのがおすすめです。
「備えあれば憂いなし」で悪天候でも快適な引っ越しをしましょう!

ページ上部へ戻る