自動車・バイクの住所変更手続き

引っ越しをしたら自動車・バイクの住所変更手続きも忘れずにしましょう。
自動車は「15日以内に住所変更手続きをしなければならない」と定められています。

今回は普通自動車と軽自動車、バイク(軽二輪自動車・小型二輪自動車)の住所変更手続きができる場所、必要書類などをご紹介します。

 

■普通自動車の住所変更手続き


自動車の住所変更は、新しい車庫を管轄している警察署で自動車保管場所証明書(車庫証明)を取得することから始めます。
賃貸マンションなどの駐車場を借りる時は、保管場所使用承諾証明書に大家さんの記名押印が必要です。

◇住所変更手続きができる場所
新住所の管轄の陸運局(自動車検査登録事務所)で手続きができます。

◇住所変更手続きの受付時間
陸運局での受付時間は平日の8:45~16:00(11:45~16:00は除く)です。
受付の開始時間や終了時間が異なる場合があるので、電話で問い合わせておきましょう。

◇自動車の住所変更に必要な書類
<持参する物>
・自動車検査証(車検証)
・自動車保管場所証明書(車庫証明書)発行されてから1ヵ月以内のもの
・新しい住所が記載された住民票(3ヵ月以内のもの)
・印鑑(認印で可)

<陸運局でもらう書類>
・申請書
・手数料納付書

<陸運局の売店で購入する書類>
・自動車税申告書

代行サービスを利用する時は所有者の押印した委任状も必要です。
陸運局の管轄が変わる場合は、ナンバープレートを外しておきましょう。

 

■軽自動車の住所変更手続き


軽自動車の自動車保管場所証明書(車庫証明)は、地域によって必要な所と必要ない所があります。
必要な場合は自動車の住所変更後に車庫証明を取得します。普通自動車とは順番が違うので間違えないようにしましょう。

◇住所変更手続きができる場所
新住所の管轄の軽自動車検査協会で手続きができます。

◇住所変更手続きの受付時間
軽自動車検査協会での受付時間は平日の8:45~16:00(11:45~16:00は除く)です。
時間が異なる場合があるので、電話で問い合わせましょう。

◇軽自動車の住所変更に必要な書類
<持参する物>
・自動車検査証(車検証)
・新しい住所が記載された住民票(3ヵ月以内のもの)
・印鑑(認印で可)

<軽自動車検査協会でもらう書類>
・自動車検査証記入申請書
・軽自動車税申請書

代行サービスなどを利用する場合は申請依頼書(所有者の押印)もいります。
軽自動車検査協会の管轄が変わる場合は、ナンバープレートが変わるので以前のナンバープレートを外して持参します。

 

■バイク(軽二輪自動車・小型二輪自動車)の住所変更手続き


軽二輪自動車は車検がないため自分で自賠責保険の継続手続きをしなければなりません。有効期限が切れていると手続きができないので確認しておきましょう。
最悪、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されることもあります。

◇住所変更手続きができる場所
軽二輪自動車と小型二輪自動車輪ともに、新住所の管轄の陸運局(自動車検査登録事務所)で手続きができます。

◇軽二輪自動車(126cc以上~250cc以下)の住所変更に必要な書類

管轄内の引っ越し
<持参する物>
・新しい住所が記載された住民票(3ヵ月以内のもの)
・届出済証
・自動車損害賠償責任保険証書(有効期限が残っている自賠責保険)
・印鑑(認印で可)

<陸運局でもらう書類>
・軽自動車税申告書

<陸運局の売店で購入する書類>
・軽自動車届出済証記入申請書

管轄が変わる引っ越し
<持参する物>
・新しい住所が記載された住民票(3ヵ月以内のもの)
・届出済証
・自動車損害賠償責任保険証書(有効期限が残っている自賠責保険)
・印鑑(認印可)
・ナンバープレート(自賠責保険シールを剥がしておく)

<陸運局でもらう書類>
・軽自動車税申告書

<陸運局の売店で購入する書類>
・軽自動車届出済証返納届
・軽自動車届書

自賠責保険シールは自分で旧ナンバープレートから新しいプレートに貼り替えます。
もし剥がしにくかったり貼ってもすぐ剥がれたりする時は、契約した保険会社などに申請すると再交付してもらえます。

◇小型二輪自動車(251cc以上)の住所変更に必要な書類
<持参する物>
・新しい住所が記載された住民票(3ヵ月以内のもの)
・自動車検査証(車検証)
・印鑑(認印可)
・委任状(代理手続きの場合)
・ナンバープレート(陸運局の管轄が変わる場合)

<陸運局でもらう書類>
・手数料納付書
・軽自動車税申告書

<陸運局の売店で購入する書類>
・申請書

車検証を紛失して管轄が変わる引っ越しをした場合は、新住所の陸運局ではなく元の住所の陸運局で再交付してもらいます。
ナンバープレートが変わる時は自賠責保険シールを忘れずに剥がしておきます。

 

■まとめ
自動車やバイクの住所変更手続きは必要な書類が多く時間もかかることから、ほとんどの人が代行サービスを利用しています。
自分で手続きをする場合は、1度書類だけ取りに行って自宅で記入してから提出するとスムーズです。
引っ越しをしたらなるべく早く、愛車も一緒に住所変更してあげましょう。

ページ上部へ戻る