・ペットの引越し注意点~ネコ編~

動物というのは、環境の変化にとても敏感です。
中でも猫は、自分のテリトリーを作り、その場所をとても大切にする動物ですので、慣れ親しんだ場所を離れることは大きなストレスになってしまいます。
ですが、だからと言って、引越しの際に大切な家族の一員である猫を置いていくことなんてできませんよね。

もちろん、最大限に配慮すれば猫を連れた引越しでも、猫にかかるストレスや負担を軽減することは可能です。
猫を連れていく際の注意点をしっかり確認しておき、慎重に、大切な愛猫を新居に連れていってあげたいですね。

●猫の引越しは準備が大事!

まず、猫の引越しで重要なのが準備です。
人間だって、何の前触れもなく、いきなり知らない場所に連れていかれると不安になってしまうものです。
猫の場合は特にデリケートだからこそ、しっかり準備をして、不安を軽減してあげることが大切なのです。

まず1つ目に準備しておきたいのが、猫砂です。
「新居だから新しい猫砂を買って、心機一転、清潔にしてあげよう!」なんて考えてしまいがちですが、これはNGなのです。
猫は自分のニオイがあれば、それだけでも安心します。
今使っているトイレの砂を取っておき、新居にも持っていきましょう。
できればトイレも、新しいものは買わずにそのまま、慣れたものを使ってあげた方が安心するでしょう。

それから、キャリーバッグの準備も大切です。
猫は狭い場所の方が落ち着く傾向がありますし、引越しでバタバタしている時に放していると、どこかに逃げ込んでしまうこともあります。
できるだけ落ち着ける空間を作り、また事故などを防ぐためにも、慣れたキャリーバッグを用意しておいてあげると安心です。
新居への移動の際にも、キャリーバッグは役立ってくれます。

●引越し作業の間は猫を隔離してあげよう!

しっかり準備を整えて、いよいよ引越しの当日になったら、猫は隔離することが大切です。
引越し業者など知らない人が大勢入ってきて、ドタバタとする様子は、猫にとっては不安でストレスになります。
できれば信頼できる人やペットホテルなどに預けておいた方が、飼い主としても安心して、引越し作業に専念できますね。
ですが、どうしても預けられるところが無いという場合には、引越しの際に使用しない部屋、例えば浴室などに隔離しておくという方法もあります。
猫が逃げ出してしまわないように、窓やドアはしっかり閉めておいてください。

●猫の居場所を作ってあげよう!

新居に荷物の運び込みが完了したら、まずは猫の居場所を作ってあげます。
まずは猫にとって重要な場所、トイレですね。
あらかじめ用意しておいた、古い猫砂をトイレに入れて設置してあげます。

また、エサの入れ物や寝るためのクッションなど、以前の家で使用していたグッズもそのまま設置してあげると良いですね。
こうして以前の家の面影を感じられるような環境に整えてあげることで、急激な環境の変化によるストレスを大幅に軽減してあげることができます。
特にお気に入りのクッションや寝る場所があった場合には、それを洗濯したりせず、そのまま持ってきてあげましょう。
こうしてニオイを残したままのものをたくさん揃えて、猫の居場所を作ってあげれば、自分のテリトリーという認識が生まれ、新居に馴染むのも早くなります。

●引越し業者が帰ってから猫を放そう!

猫の居場所の準備がしっかり整っていても、引越し業者がいて、家の中がドタバタしている状況で猫を放すのは危険です。
知らない人やドタバタした環境に怯え、どこかに逃げ込んで出てこなくなってしまうこともありますし、最悪の場合は外に飛び出し、帰ってこなくなることもあります。
引越した後は外の環境も変わりますので、帰る道が分からなくなってしまうことだってあるのです。

そんな事態になるのを防ぐためにも、猫を放すのは、引越し業者が帰宅し、ある程度、引越し作業が落ち着いてからがベストです。
猫が落ち着いて新居を探索できるような環境で放してあげると良いですね。

●室内飼育の徹底を!

猫の引越しが無事に済んでも、油断をしてはいけません。
新しい環境に完全に慣れるまで、猫はとてもデリケートです。
できるだけリラックスしてくれるように配慮して、静かで落ち着ける空間を用意してあげましょう。

それから、引越し先で猫が外に出てしまわないよう、最大限の注意が必要です。
猫の飼育は完全な室内飼育が基本です。
外に出してしまうと、近隣の迷惑になってしまう可能性もありますし、道路に飛び出して事故に遭う危険もあります。
新しい環境になったストレスから、帰ってこなくなる恐れもあります。

以前は外で遊ばせていた猫の場合は、室内飼育だとかわいそうに感じてしまう方もいるかもしれません。
ですが、実際にはそれほど、猫にとっての室内飼育はストレスにはならないと言われています。
猫の場合は高さのある遊具などがあれば、室内でも運動量は十分に確保できますので、キャットタワーなどを用意し、完全室内飼育に切り替えましょう。

●まとめ

猫の引越しの際には、事前の準備から引越し作業中の注意、さらに引越し後の環境を整えてあげることなど、様々な工夫が必要になります。
ですが、これらの注意点をしっかり守れば、難しく感じられる猫の引っ越しも、意外とスムーズに済むものです。
大切な猫が新居で快適に過ごしてもらえるよう、これらのポイントはしっかり押さえておきたいですね。
新しい環境に、できるだけストレスなく馴染んでもらえるように徹底的に配慮することも、飼い主としての責任なのです。

ページ上部へ戻る