引っ越し祝いのお返しってどうしたらいいの?

家やマンションを購入して引っ越しをすると、お祝いをいただくことがあります。新築への引っ越しなら「新築祝い」、それ以外なら「引越し祝い」です。
呼び方は違いますが、どちらも購入して引っ越すことへのお祝いになります。引越し祝いは何度もいただくものではないので、お返しのマナーがわかりにくいものです。
今回は引越し祝いのお返しの時期、金額、人気のお返し、贈る相手別のお返し、のしなどについてご紹介します。

 

いつお返しすればいい?

<新築祝い>
新築では引っ越して1ヵ月から2ヵ月後くらいに「お披露目会」を開くことが、お祝いのお返しと言われています。昼間に招き、新居の外観から室内を案内した後に食事でおもてなしをするというものです。
帰りにささやかな手土産を用意してお渡しすることはありますが、内祝いとしてのお返しは必要ありません。

お披露目会より前に、掛け時計や照明をお祝いにいただいたら飾っておきましょう。なによりのお礼になります。
お披露目会に参加されなかった場合や高額のお祝いをいただいた場合は3分の1から半額くらいのお品を返すようにします。

<引越し祝い>
引っ越しをしてしばらくは、片付けや手続きに追われます。少し落ち着いた1ヵ月から2ヵ月後くらいに内祝いを贈るようにしましょう。

 

お返しの金額はいくらぐらい?

新築祝いでも引越し祝いでも、お返しはいただいた3分の1から半額くらいのお品を返すようにします。地域によっては半返しと言って半額のお返しが相場となっているところもあるので注意が必要です。
また両親からは多めにもらうこともありますよね。半額ではなく3分の1のお返しをするにしても大きな金額です。
両親は援助の意味も込めてお祝いをしてくれているので、金額にかかわらず、心のこもった品物を渡してお披露目会をすれば充分ですよ。あまりお返しの品の金額が高いと両親の気持ちを受けとらないことになり失礼にあたります。

友人からは、お返しをしなくてもいいようにささやかなプレゼントをもらうことがあります。その場合は家に招いて室内を案内したり、ケーキなどでおもてなしをしましょう。

 

人気のお返しベスト3は?

■1位 カタログギフト
相手に気に入ったものを選んでもらえるので安心です。趣味に合わないものを送ってしまって失敗する心配もありません。特に高額のお祝いへのお返しに向いています。ただ、あまり高くないカタログになりそうなら、お品を送ったほうが無難かもしれません。

■2位 スイーツ・グルメギフト
カタログギフトのグルメ版です。普段自分では購入しないものや話題の食べ物を相手に選んでもらえるので、後日お会いした時に話が広がるかもしれませんね。食事にこだわったグルメな方には向いていますが、あまりこだわらない方には普通のカタログギフトにしたほうがいろいろ選べるのでおすすめです。

■3位 タオル
ブランド物のタオルは、何枚あっても嬉しいものです。実際に手触りを確かめられない時は、生産国にもこだわって選ぶようにしましょう。あまり派手な柄を選ぶと好みではないことがあるので、モノトーンかブルー、ブラウンのシンプルなものにした方が喜ばれます。

 

贈る相手別の人気のお返しは?

■両親や親族
身内なら好みもよくわかるので、欲しがっていたものを贈るといいですね。もし見当がつかない時は、1万円から3万円程度のカタログギフトや日本各地のブランド牛、果物詰め合わせなどの食品が喜ばれますよ。お披露目会も必ず招待するようにしましょう。

■友人や職場関係
友人や同僚などからは連名でお祝いをいただくことが多いです。お返しも一人ずつではなく、みんなで食べてもらえるお菓子の詰め合わせなどがおすすめです。

■お世話になっている方
少し気を使う相手には、センスのある上品なお返しをしましょう。老舗ブランドの調味料やお菓子など、長く愛されているようなお品だと安心できます。

 

熨斗(のし)はどうしたらいい?

水引が赤白蝶結びの、のし紙を使います。
表書きは新築祝いのお返しなら「新築内祝」または「内祝」、引越し祝いのお返しなら「御挨拶」として、名入れは姓のみか姓名にします。
もし二世帯住宅で苗字が違う場合は右側に親の姓、左に子の姓を名入れします。

また新築祝いのお返しの言い伝えとして、「家」を人の入れ物と見立ててコップやグラスなどの器や、「家事にも強い家」との意味合いで鍋や、やかんを贈ることもあります。

 

まとめ

新築祝いのお返しはお披露目会が正式ですが、相手との日程が合わないことも多いです。あまりお招きするのが遅くなりそうなら、お返しを贈ってもかまいません。
都合が合う日ができてから、ティータイムにお招きすれば焦らずにすみます。

引っ越しのお返しを選ぶポイントは、他の内祝いと同じように「自分では買いにくいけれど、いただいたら嬉しいもの」を考えて選ぶようにしましょう。
ネットの贈り物サイトで人気のものや金額別に選べば楽ですし安心です。
きちんと引っ越しのお返しをすれば、新居での生活もゆっくり安心して過ごせますね。

ページ上部へ戻る