引っ越し後14日以内が原則!「国民健康保険」の住所変更手続き方法

引っ越しをした際、国民健康保険に加入をしている人は14日以内に役所や役場にて住所変更の手続きをしなければなりません。

国民健康保険の住所変更手続きは、これまでと同じ市区町村へ引っ越した場合と、他の市区町村へ引っ越した場合では手続き方法も異なります。

そこで今回は、引っ越し後にするべき国民健康保険の住所変更手続き方法について、同一市区町村内で引っ越しをした場合と他の市区町村へ引っ越しをした場合の2パターン解説します。これから引っ越しをする予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

 

同一市区町村内で引っ越しをした場合の手続き方法

まずは、同一市区町村内で引っ越しをした場合の手続き方法についてです。

引っ越し元と引っ越し先が同一市区町村内の場合は、住まいのある市区町村の役所や役場にて国民健康保険証の住所変更手続きをしましょう。

 

国民健康保険証の住所変更に必要なものは

・本人確認書類

・印鑑

・国民健康保険証(引っ越しをする全員分が必要)

の3点となります。同一市区町村内で引っ越しをする場合は、保険証を返還することなく住所の変更手続きのみで引き続き同じ場所の国民健康保険証を使用することができます。

 

 

他の市区町村へ引っ越しをした場合の手続き方法

引っ越し元から他の市区町村へ引っ越しをした場合は、引っ越し元と引っ越し先の2箇所にてそれぞれ国民健康保険の変更手続きをする必要があります。

 

①引っ越し元で国民健康保険の喪失届を提出する

まずは引っ越し元の役所や役場に行き、窓口で国民健康保険の資格喪失手続きをしましょう。

この手続きに必要なものは

・国民健康保険証(引っ越しをする全員分が必要)

・本人確認書類

・印鑑

の3つです。

資格喪失手続きが完了したら、これまで所持していた国民健康保険証は返還することになります。

国民健康保険証の返還は引っ越しをする全員分必要になりますので、役所や役場に人数分の国民健康保険証を持って行きましょう。

 

②引っ越し先で国民健康保険の加入届を提出する

引っ越し元にて国民健康保険の喪失届を提出したら、次は引っ越し先の役所や役場にて新たに国民健康保険の加入届を提出する手続きが必要になります。

引っ越し先での国民健康保険の加入に必要なものは

・本人確認書類

・印鑑

・転出証明書

の3点です。

「転出証明書」とは引っ越し元にて転出届を提出した際にもらえるものです。

この証明書がないと、引っ越し先で新たに国民健康保険に加入することができません。必ず引っ越し元にて転出届や資格喪失届を提出し、転出証明書を持参した上で引っ越し先での手続きを行いましょう。

 

 

本人が住所変更の手続きをできない場合は?

国民健康保険の住所変更手続きは、基本的に引っ越しをした本人や世帯主、同一世帯の人がすることになっています。

しかし、どうしても都合がつかず14日以内に手続きをすることができないという場合は代理人を立てて手続きをすることも可能です。

代理人を立てる場合は、委任状(申請人の自署押印が必要)と代理人の印鑑、本人確認書類が必要となります。

代理人を立てる場合は本人や世帯主、同一世帯の人が手続きをする場合と必要なものが変わってきますので注意しましょう。

 

 

スムーズに住所変更の手続きをするためのポイント

引っ越しに伴う国民健康保険の住所変更手続きをスムーズに行うには、役所や役場にて転居に関連した手続きを一度で済ませるのがポイントです。

今回ご紹介した国民健康保険の住所変更手続きは、どれも引っ越し後14日以内にする必要があります。

そのため、転居届や転入届など国民健康保険以外に役所や役場でしなければならない手続きと同時に進めることが可能です。

引っ越しは手続き以外にもしなくてはならないことがたくさんありますので、1度でまとめてできる手続きは全て同時に行いましょう。

引っ越しに伴う手続きについては、一連の流れを以下のようにイメージしておくと手続きもスムーズです。

 

・同一市区町村内で引っ越しをする場合の手続き

①役所や役場にて転居届を提出する

②国民健康保険の住所変更手続きをする

 

・他の市区町村へ引っ越しをする場合の手続き

①引っ越し元の役所や役場にて転出届と国民健康保険の資格喪失届を提出する

②引っ越し先の役所や役場にて転入届と国民健康保険の加入届を提出する

 

 

おわりに

引っ越しに伴う国民健康保険の住所変更手続きは引っ越し後14日以内にする必要があります。

同一市区町村内で引っ越しをする場合はそれほど手間はかかりませんが、他の市区町村へ引っ越しをする場合は引っ越し元と引っ越し先、それぞれで手続きが必要になりますので注意しましょう。

可能であれば1日で住所変更の手続きが完了できれば安心ですね。

引っ越し元と引っ越し先の距離が遠い場合もありますので、しっかりと計画を立てて手続きに向かうことをおすすめします。

ページ上部へ戻る