【無料】引っ越し費用を安くする4つの交渉テクニック

たった一度の引っ越しであっても、準備期間や諸々の手続きを含めると膨大な時間と費用が掛かりますよね。

「引っ越し」はそう頻繁に経験するものではないため、多くの方々は引っ越し業者から提示された見積書通りに支払ってしまうものです。

しかし、本当にその「引っ越し費用」の支払い価格は適正ですか?

 

一口に「引っ越し費用」と言っても、人件費から運送費用、その他引っ越し準備のための備品(ダンボールやガムテープ・ビニール紐など)調達費用など、引っ越しにまつわる支払いの種類は多岐に渡っています。

そして実は、的確な交渉を行うことによって「引っ越し費用」を大幅に安くすることが出来るのです。

 

そこで今回は「引っ越し費用を安くする4つの交渉テクニック」と題し、以下にその具体的方法をご紹介します。

引っ越しに掛かるコストを極力抑えるべく、引っ越し費用に関する正しい知識を身に付けましょう。

 

■引っ越し費用を安くする交渉テクニックその1:費用が安い引っ越し日程を選定

book-1750740_960_720

引っ越し費用を効率的に安くする方法として「日程の調整」が挙げられます。

 

そもそも引っ越し業界は価格設定が特殊で、時季や日程によって引っ越し費用が極端に変動しているのをご存知でしょうか?

例えば、一般的に年度末といった節目のタイミングでの異動が多いため、3月、4月は特に引っ越し費用が跳ね上がりますし、土日祝日と比較して平日は引っ越し費用が安くなります。

天候が落ち着かない梅雨や台風の時季は繁忙度が低いため、比較的低価格で引っ越しすることができます。

このように、引っ越し費用は繁忙度に応じた価格設定をされているため、少しでも費用が安い日程を選定するようにしましょう。

 

不用意に土日祝日で契約するのではなく、平日の引っ越しが可能であれば、是非引っ越し業者へ電話等で問い合わせをする際に、「平日であればどの程度値下がりしますか?」と踏み込んだ質問を投げ掛けてみてくださいね。

 

■引っ越し費用を安くする交渉テクニックその2:複数の引っ越し業者から相見積もりを取得し比較検討する

pak85_laladentakuol20140321_tp_v

引っ越しには「定価」という概念がありませんので、素人が適正な価格を判断するのは至難の業でしょう。

しかし、複数の引っ越し専門業者からの相見積もりを取得することで、不当に高額な金額を提示する業者を見抜くことができます。

少々手間ではありますが、この工程を経ることによって無駄な出費を未然に防げますね。

また、「別の引っ越し業者である○○社は△△円で契約してくれるそうですが…」といった情報を伝えることで、減額してもらえる可能性が高まりますよ。

様々な名目でオプションとして金額が上乗せされている可能性もありますので、複数の見積もりで比較検討することが大切です。

 

■引っ越し費用を安くする交渉テクニックその3:人件費の削減

pasona_4_tp_v

実は、引っ越し費用の内訳を確認すると「人件費」が大半を占めています。

引っ越し当日に荷運びをする作業スタッフの数が増えるほど、引っ越し費用が膨れ上がってしまいます。

 

そこで可能であれば、自分の家族や友人など引っ越しを手伝ってくれる人を探すことをオススメします。

荷運びを担う人員さえ手配することが出来れば、引っ越し業者に「応援要員を手配しているため、当日荷物を運ぶ作業スタッフさんを○名程度に減らし、引っ越し費用を減額して頂けますか?」と具体的な交渉をすることが出来ますね。

客側から要求しない限り、引っ越し業者サイドから人件費削減の提案をされるというケースは多くありませんので、是非こちらから勇気を出して交渉してみましょう。

 

■引っ越し費用を安くする交渉テクニックその4:新居にまつわる諸費用を削減(賃貸の場合)

pak23_notedentaku20140312_tp_v

引っ越しに掛かる費用は荷運びに業者に支払う金額のみではありません。

新居への入居の手続きに係わる様々な費用も「引っ越し費用」の一部ですね。

これらは初期費用という名目で一挙に引き落とされることが多いのですが、交渉の余地がある費用もあるのです。

 

賃貸物件の入居時に発生する「敷金」や「礼金」について考えてみましょう。

退去時の原状回復義務を果たすために設定された「敷金」については値下げ交渉の余地はありませんが、

「礼金」は交渉すれば値下げしてもらえる可能性があります。

 

そもそも「礼金」とは、貸主である大家さんに「お礼」の意味を込めて支払うもので、大家さん次第では礼金不要としている物件もあります。

現在では礼金が発生しない物件が過半数を占めているほど、礼金文化は途絶えつつあります。

 

例えば、毎月発生する固定収入である「家賃」よりも、入居時1度きりの「礼金」であれば値下げをしてくれる確率も高まります。

ぜひ賃貸物件へ転居されるという方は、大家さんに交渉してみましょう。

 

■まとめ

今回は「引っ越し費用を安くする4つの交渉テクニック」をご紹介しました。

引っ越し時には想像以上に多くの出費がかさみますので、可能な限りコストを抑えたいところ。

ぜひご紹介したテクニックを実践していただき、低価格での引っ越しを実現してくださいね。

ページ上部へ戻る