水濡れを回避!悪天候でも快適に引っ越せる【ビニール袋】活用術5選

ビニール袋を上手に使って水濡れを対策をしよう!

コンビニやスーパーでもらい、気づけば家にたくさん溜まっているビニール袋がある方も多いのではないでしょうか。そのビニール袋、どうせなら引っ越しで水濡れ対策として活用してみませんか?
費用もかからず、引っ越し日に急遽天気が悪くなってしまった場合でも安心して荷物を運ぶことができますよ♪
悪天候の引っ越しに役立つビニール袋の活用術を5つご紹介します!

 

ビニール袋活用術その1:本・紙類

水に濡れてしまうとふやけたり、文字がにじんでしまったりと絶対に濡らしたくないのが本や雑誌、紙類です。特に大事な書類などがある場合は完全なる対策が必要になります。
そんな本・紙類は、ビニール袋にまとめて入れてからダンボールに箱詰めするのがおすすめです。さらにその上からタオルなどを重ねて入れると、水濡れ対策だけではなく重さも分散されてダンボールの底抜けも回避することができます。
大事な書類は、プラスチックファイルなど水を弾くケースに予め入れておくと安心ですね。

 

ビニール袋活用術その2:家電

水濡れしてしまうと故障の原因になるのが家電類です。こちらもできる範囲で対策をするのがベストといえるでしょう。テレビなどの大型家電については、引っ越し業者が梱包をしてくれます。
ドライヤーなどの小物家電のみビニール袋に入れてからダンボールに箱詰めしましょう。
特にパソコンなどの精密機器については厳重に梱包することをおすすめします。家電の電源は必ず切っておくことも忘れないようにしましょう。

 

ビニール袋活用術その3:布製品

衣類や寝具などの布製品は、水濡れ自体はそこまで問題ないように思うかもしれませんが、水に濡れることでカビや悪臭の原因になることもあります。こちらも可能な限り水濡れ対策をするのが良いでしょう。
引っ越し業者がプラスチック製のハンガーラックを用意してくれる場合は特に必要ありませんが、自分自身で梱包をしなくてはならない場合もあります。その場合、1着ずつビニール袋で包むのはかなりの労力と時間を費やしてしまいます。
そこでおすすめなのが、ダンボールの底に1枚、そして衣類を詰めた後一番上に1枚と計2枚のビニール袋を使う方法です。
こうすることでダンボールの下と上、ほんの少しの隙間部分から侵入してくる雨や雪を回避することができます。ビニール袋も2枚でいいので手間がかかりません。ビニール袋を節約したい方は、ダンボールの一番上にいらないタオル類やぞうきんなどを重ねれば代用も可能です。

 

ビニール袋活用術その4:革製品

革製品は水濡れをすることで型が崩れたりシミの原因になってしまう可能性があります。特に注意したいのが靴です。水分を吸うことによってサイズが合わなくなってしまうというトラブルにもなりかねませんので、こちらも対策をしていきましょう。
引っ越し業者にてプラスチック製のシューズケースを用意してもらえる場合は、そちらを利用するのがベターです。雨や雪が降っても靴が濡れる心配がありません。新居に搬入後は、念のため革製品の靴が濡れていないか確認をするとさらに安心です。
自分自身で梱包をする場合は、1足ずつビニール袋に入れてから箱詰めしましょう。少し面倒に感じるかもしれませんが、1足ずつビニール袋に入れることで、靴同士が重なって汚れることもなくなります。トータルで見ると1速ずつビニール袋に入れてから箱詰めしたほうが断然快適なのです♪
革の小物類はまとめて1つのビニール袋に入れる程度で良いでしょう。

 

ビニール袋活用術その5:貴重品

引っ越し業者に依頼をする際も、貴重品は顧客自身で運ぶことがほとんどです。通帳や重要書類などは必ずプラスチックファイルに入れてチャックのあるポーチや鞄に入れ雨や雪が降っても濡れないように注意しましょう。
パソコンなどの精密機器は家電類同様、電源を切りビニール袋や水を弾く素材の袋に入れて運びましょう。
また貴重品を自ら運ぶ場合は、必ず傘などの雨具を使って自らの水濡れを回避しすることを忘れずに。荷造りをする際に傘も一緒に梱包してしまい、そのまま引っ越し業者に預けてしまった…というケースも少なくありませんので、要注意です。

 

ビニール袋を活用して悪天候でも快適な引っ越しを

悪天候の引っ越し時に役立つ、ビニール袋の活用術はいろいろあります。荷造りの段階で捨ててしまいがちなビニール袋は、実は水濡れ対策に打ってつけなのです。コストもかからず、重さもありません。それでいてしっかりと水濡れを回避できるので非常に便利な方法といえるのではないでしょうか。
これから引っ越しをする予定がある方は、ビニール袋は捨てずに保存しておきましょう。悪天候になってしまった場合でも、今回ご紹介した活用術を参考にすれば快適な引っ越しが実現するはず!ぜひお試しください♪

ページ上部へ戻る