春の引っ越しで最高の物件に入居するための6つのコツ

あなたは現在、何らかの事情で春に引っ越しをしなければいけないことが決まり、何をどうすればいいのか分からない!と悩んでいるのではないでしょうか?

特に引っ越しが初めてとなると、特に「物件選び」に関しては非常に悩んでしまいますよね。
できればなるべく安く、なるべく自分の理想に近い物件をゲットしたいはず!
そこで下記では、そんな春の引っ越しで、あなたが最高の物件を手に入れるためのコツを6つ、ご紹介しております。
これを参考にしていただければ、きっと新鮮な気持ちで新年度をスタートさせることができるでしょう♪

 

 

6つのコツ目次

①まずはじめに今の入居物件から攻めていく

②たくさんの不動産屋で紹介されている物件は「人気」なの?

③交渉次第で出費を抑えることも可能!

④「物件」よりも「担当者」探しを優先する

⑤気に入った物件で失敗しないためのコツ

⑥掘り出し物件は2,3月に急増する!

 

 

 

 

①まずはじめに今の入居物件から攻めていく

まずはじめに知っておいてほしいのが、「物件選びは争奪戦である」ということです。
特に就職が決まった時期・進学が決まった時期・転勤が決まった時期などから、みんなの物件探しはスタートします。
そんな中、特別な理由がない限り、誰も高くて自分の理想とは程遠い物件には引っ越したくないはず。
それに不動産は早い者勝ちですから、いわば戦争です。
そこでその戦争に勝つためにはどうすればいいのか。

まずはじめにやっておきたいのが、「現在入居している物件を管理している不動産屋、もしくはその系列店に相談に行く」ということです。
不動産屋さんも、れっきとしたビジネスです。
ですから、きちんと家賃を払ってくれなさそうな入居希望者は、ハッキリ言って嫌われます。
つまり、交渉が進みにくくなります。

ところが、現在入居している物件であればどうでしょう?
きちんと家賃を払い続けている実績があるはずなので、担当者の方も信用しやすいんですね。
なのでまずは現在の入居物件関係から攻めて、お気に入りの物件を探してみましょう。

 

②たくさんの不動産屋で紹介されている物件は「人気」なの?
たくさんの不動産屋で紹介されている物件があります。
これは単純に「おお、この物件は人気なのか」と考えてしまいがちですが、注意が必要。
それはこのような物件は「大人気」「大不人気」に分かれるからです。
まず大人気物件というのは破格の場合が多いです。
これでエサにお客さんを集めるのがおもなやり方なので、現在はすでに空きがないことが多いです。

次に「大不人気」物件ですが、これは売り払いたいがために不動産屋さんに紹介を依頼している可能性が大。
ぜひ実際に見に行って、現状把握をしておきましょう。

 

③交渉次第で出費を抑えることも可能!
例えば「カギの交換費用」などは、家賃や手数料とは別の費用です。
ですから、交渉次第でそれらを安くすることが可能です。

ですが、交渉は原則、はじめの1回のみと覚えておきましょう。
それ以上やりすぎると、相手の担当者に嫌がられますし、信頼関係も損なわれてしまいます。
ぜひ気をつけてください。

 

④「物件」よりも「担当者」探しを優先する
次に普通ならば「物件探し」をメインとしてしまいがちですが、実は担当者探しの方がいいんです。
つまり、「性格のいい担当者を探しましょう」ということですね。
というのも、やはりさきほども申し上げたように不動産もビジネスです。

そして不動産屋さんというのは、お客さんから希望があれば、見たい物件を案内もするんですね。
ここで、案内をするだけでは不動産屋さんには何の利益もありませんから、金銭的に見れば案内というのは無駄な時間なわけです。
できれば案内をする時間は最小限に契約をとってしまいたい。
不動産屋さんは基本的にこのようなことを考えています。

つまり、案内ばかりされて、結局他の不動産屋さんと契約をするようなお客さんは嫌なわけですね。
すると、性格の悪い担当者の場合、案内が長引くとだんだん物件のデメリットを隠したり、メリットを強調したり、物件をとにかく早く買わせることを意識してきます。
これでは正確な判断ができなくなってしまいますから、できれば性格のいい、どれだけの案内にも親切に付き合ってくれる担当者を選ぶと、非常に楽です。

 

⑤気に入った物件で失敗しないためのコツ
気に入った物件は一度、担当者に「個人的な感想」を聞いてみてください。
「ぶっちゃけ、どう思いますか?」というように。
担当者も個人的な意見となると本音を話すものです。

本音を語らせるフレーズを考えておくのもよいでしょう。

 

⑥掘り出し物件は2,3月に急増する!
2,3月というのは、今まで入居をしていた人が引っ越しを始める時期です。
ですから、理想的な物件がなかなか見つからないということであれば、2,3月まで待っても全然間に合います。
かなりの数の物件が空き家になりますから、選び放題となり、理想的な物件を見つけられる可能性が飛躍的に高まります。
ただし、「早い者勝ち」ということは忘れずに。

 

まとめ:上手く理想的な物件をゲットしよう!

ここまで春の引っ越しで必要な物件選びのコツをご紹介してきましたがいかがでしたか?
ぜひここまでご紹介してきたノウハウを参考に、あなたの最高の物件を見つけてくださいね♪

ページ上部へ戻る